債務整理

 債権回収の反対とも言える業務が,債務整理業務です。

 世の中にはいろいろな事情で借金を重ねてしまい,収入では払えなくなってしまったり,借金は大きくはないけれども,職を失ってしまって払えなくなってしまったりする方がいます。

 このような方が経済的な更生(やり直し)を果たすために,①破産・免責手続き②民事再生の手続きがあり,弁護士は,これらの申立てのお手伝いをしています。

1.破産について

 「破産」と聞くと戸籍に記録されるんじゃないか,とか,家族にも影響するんじゃないか,とか心配される方がいらっしゃいますが,現行の破産法上,破産の事実が戸籍に記録されることはありませんし,債務は飽くまで個人個人のものですから,破産が家族に影響することもありません(手続きのお手伝いをしてもらう必要はありますが…)。

 また,最近では,『ギャンブル(パチンコ,スロット,競馬,競輪等),FX取引,高価品の購入,最近ではソーシャルゲームへの課金のために借金を重ねた場合には,破産はできない』との誤った情報が広まっています。確かに,このような浪費等がある場合には,裁判所は当然には免責を許可すること(借金を返さなくてもよいと判断すること)ができないことにはなっていますが,裁判所は,その場合でも,「裁量で」免責を許可することができ,多くの1度目の破産の場合には,ギャンブル等の行為があったとしても,「裁量で」免責が許可されています。

 したがって,ギャンブルその他の浪費がある場合であっても,諦めずにご相談いただければと思います。

2.民事再生について

 破産をする場合には,原則として,自分の持っている財産を全て手放して現金化し,債権者に振り分けなくてはなりません。そのため,破産をする場合には,自宅不動産を所有している方は,その不動産を手放さなければなりません。

 もっとも,ある程度の収入はあるため,住宅ローンと借金の一部は返せるから,自宅を手放さずに債務整理がしたい方もいらっしゃると思います。そのような場合に利用する手続きが,民事再生です。

 民事再生の場合には,一定の要件を満たしていれば,①住宅ローンについてはそのまま払いつつ,②その他の債務については債務総額に応じて最大で10分の1から5分の1(最低100万円)まで圧縮して支払うことが可能になります。

 また,民事再生の場合には,破産の場合に問題となる浪費等の行為があっても,圧縮した債務を支払っていける見込みさえあれば,問題なく認めてもらうことができます。

 したがって,ご自宅を手放したくないけれども債務を圧縮したい方や,破産では免責が認められないおそれがある方も,諦めずにご相談いただければと思います。

3.過払金回収

 平成30年(2018年)現在はあまり見かけなくなりましたが,平成18年(2006年)以前から長期にわたり借入れと返済を続けてきた方については,過払金が生じている場合があります。

​ 破産や民事再生を希望してご依頼された方であっても,調査の結果,過払金が生じていることが判明し,破産や民事再生をする必要がなくなる場合もあります。

所在地

仙台市青葉区片平一丁目1番11号 

カタヒラビル4階

 

※晩翠通りの南の突き当たりの角です。

 

電話番号

電話受付時間

月曜日~金曜日(祝祭日を除きます)

午前9時00分~午後5時30分

※ 「お問い合せ・ご予約」ページからもご予約いただけます。

  • Facebookの社会的なアイコン

ご相談対応時間(事前予約制)

〇の時間:相談料30分5,000円+税

△の時間:相談料30分6,000円+税

※ 震災法律相談援助を利用できる場合,○の時間については合計1時間30分まで相談料無料。

​​​​© 2018 by KOTOBA Law Office. Proudly created with Wix.com